ネキシウムと胃痛に悩む女性の写真

ネキシウムを服用して効果が出るのはいつ?

ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤に分類される胃腸薬の一種で、体内からのシグナルを受けて胃酸を分泌するプロトンポンプの働きを阻む事で胃酸過多による症状を緩和します。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など胃酸に関する様々な疾患で用いられる薬です。他にも、胃炎や胃潰瘍など多様な胃の病変を引き起こす原因菌であるヘリコバクター・ピロリの除菌にも役立ちます。
胃酸を少なくする事で、除菌に用いる抗生物質の効果が高まり、除菌成功率が上がります。
胃潰瘍や逆流性食道炎といった疾患は、ストレスや疲労などの何らかの原因で胃酸の分泌が増えた事で、強い酸性である胃酸が胃や食道にダメージを与える事で生じます。
治療には原因を取り除く事も重要ですが、胃酸分泌を抑えて胃や食道を保護し炎症や潰瘍を和らげる必要があります。プロトンポンプ阻害薬の系統に属する薬は、胃酸に関する治療薬の中でも強力に胃酸の分泌を抑える事が可能です。
ネキシウムは国内で4番目に認可を受けた、販売の開始が比較的新しい薬です。今までは治療が困難だった潰瘍にも高い効果を発揮するため、現在では胃潰瘍や逆流性食道炎の治療では第一選択の候補としてあげられます。
ネキシウムの効果が最大になるのは服用して半日程度経過した後なので、すぐに胸焼け等の症状を止める即効性はありません。
ネキシウムを服用して症状が収まらない場合でも、早く効果を得ようと決められた量以上の薬を服用してはいけません。
副作用の少ない薬ではありますが、用量用法を守らないと副作用が強まったり重い副作用が生じる原因となってしまいます。
また、胃酸の分泌を止めるものの、すでに分泌されてしまった胃酸を中和する効果は存在しません。

逆流性食道炎にもネキシウム

ネキシウムとは胃腸薬の一種で、胃酸分泌抑制効果により、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの様々な病気の治療に用いられます。
ネキシウムの有効成分はエソメプラゾールで、国内において4番目に認可された最新のプロトンポンプ阻害薬です。
プロトンポンプ阻害薬の系統にある薬は、他の成分の胃腸薬より強力に胃酸の分泌を抑える事から、難治性の潰瘍にも効果を発揮し、現在では胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に第一選択される事も珍しくありません。
強い胸焼けを引き起こす事で知られる逆流性食道炎とは、胃酸過多により胃酸が胃を出て食道に流れこんでしまう疾患です。
胃酸の主成分である塩酸は非常に強い酸性で、胃酸を収める胃は強力な粘膜によって胃にダメージが行かないよう守っています。
しかし何らかの理由で胃腸の機能が低下してしまったり、強いストレスで胃酸が多量に分泌されると、胃酸が食道へと漏れてしまいます。
食道の粘膜は、胃の粘膜とは違い酸性に強くないので、食道に流れてきた胃酸は食道の粘膜をただれさせ炎症の原因となります。食道が炎症を起こすとひどい胸焼けの症状が感じられ、苦痛をもたらします。
また、胃粘膜の防御機能が弱っていると胃酸が胃を傷つける場合もあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍原因にもなりかねません。
ネキシウムのようなプロトンポンプ阻害薬が開発された事によって逆流性食道炎の治療は大きく進展しましたが、プロトンポンプ阻害薬を服用しても逆流性食道炎が完治せず、症状に苦しめられている患者さんも多く存在していました。
ネキシウムは最先端の治療薬のため、従来のプロトンポンプ阻害薬よりも高い酸分泌抑制効果が期待されています。症状の強さによって服用量が変わるため、医師の指導のもと用法用量を守って服用を行いましょう。

ネキシウム20とラベプラゾールは何が違うの?

逆流性食道炎や胃潰瘍の治療薬としてよく使われる薬が、ネキシウム20とラベプラゾールです。
両方とも胃酸の分泌を促進するプロトポンプの働きをおさえて胃酸の分泌を抑制し、症状を改善します。
服用回数はネキシウム20は1日1回で持続性があり、服用時間も特に決められてはいませんから、基本的にはいつのんでもいい薬です。
ラベプラゾールは10mgと20mgがあり、1日1回の服用でですが、場合によっては1日2回の服用することもあります。
薬の強さでいうと、ラベプラゾール20mgのほうがネキシウム20よりも強く、ラベプラゾール10mgとネキシウム20mgの強さはほぼ同じといわれています。
しかし、ラベプラゾールの服用で症状があまり改善しなかった人でも、ネキシウム20mgの服用で改善する場合もあるので、効果は個人差があるといえます。
ラベプラゾールを服用して症状の改善が見られなかった方は、ネキシウム20mgの服用を医師に相談してみるといいかもしれません。
薬の剤型ですが、ラベプラゾールは錠剤で、大きさも小さく服用しやすい薬です。お年寄りで薬ののみづらい方にはむいています。
ネキシウム20mgはカプセルのみです。カプセルの大きさは小さめですが、カプセルは苦手な人もいるかもしれませんね。
よくカプセルの苦手な人が、カプセルを外して中身だけ服用する場合がありますが、中身は苦みが強く、おすすめはあまりできません。
ネキシウム20mgは比較的新しい薬で、まだジェネリック医薬品の発売はありませんが、ラベプラゾールはジェネリック医薬品が発売されています。
ジェネリック医薬品の発売で、ラベプラゾールは薬代が高めの薬だったのですが、処方されやすくなったといえます。自分の症状を医師によく伝えて、薬を選択するようにしましょう。