ネキシウムと胃痛に悩む女性の写真

ネキシウムは胃酸を抑えられる

ネキシウムは胃酸を抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使われる薬です。胃酸というのは、胃の壁にある細胞から胃内に分泌される酸で、その正体は塩酸とほとんど同じです。胃の細胞は、いわば塩酸を分泌する仕組みを持っているわけです。この仕組みは、プロトンポンプと呼ばれます。プロトンというのは水素イオン、すなわち酸のことで、胃の細胞は、まるでポンプのようにせっせと酸を胃内に送り出しているのです。ネキシウムは、このプロトンポンプの働きをじゃまして、動かないようにする薬で、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるタイプの薬の一つです。つまり、ネキシウムにより、胃酸が分泌されなくなります。そうすることで、胃酸によって傷つき、潰瘍を起こした胃や十二指腸を治すというわけです。一方で副作用としては、やはり消化器系のものが多く、下痢や軟便が起こることがあります。潰瘍治療のためとはいえ、今まで分泌されていた胃酸が薬によって抑えられてしまうのですから、かえって消化が悪くなってしまうのかもしれません。また、重い副作用の一つとして肝機能障害があります。この薬は、肝臓で代謝されますので、肝臓に負担をかけるためではないかと考えられます。ちなみに、同じく潰瘍の薬としては、H2ブロッカーと呼ばれるタイプの薬もあります。この薬も同じように胃酸を抑える働きを持つのですが、その仕組みは少し異なります。H2ブロッカーは、プロトンポンプの働きを直接じゃまするタイプの薬ではなく、プロトンポンプを動かそうとしている別の仕組みの一つを止めるタイプの薬なのです。少し荒っぽい例えですが、ポンプをそのものを動かないようにしてしまうか、ポンプを動かそうとしてやってくる人を止めるかの違いということもできます。

ネキシウムは即効性がない薬

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療において医師からは頻繁に処方される医薬品として知られるようになりました。その高い治療実績ができていることがさらにその傾向に拍車をかけており、ネキシウムやその類似薬であるプロトンポンプ阻害剤に分類される医薬品は胃潰瘍などの治療における確固たる地位を獲得しています。しかし、使用に際して患者が知っていなければならない点があります。それは、ネキシウムには胃痛に対する即効性がないということです。痛みを感じて医療機関に行き、医師の診断を受けて胃潰瘍とわかることが多いでしょう。その際に、薬を処方してもらって飲めば痛みがすぐにとれると考えてしまいがちです。しかし、ネキシウムは鎮痛剤ではないことに加え、痛みの原因となっている胃酸を中和する作用はありません。胃酸の分泌を抑制することによって胃が強い酸性になってしまうのを防止することができるのがネキシウムであり、既に発生してしまっている胃酸による痛みを和らげる効果は直接的には発揮できないのです。胃酸分泌が抑制されることによって、長期的に見れば痛みが和らぐのは事実ですが、すぐにでも効果が欲しいというときにはネキシウムは適しません。そういった効果を期待したい場合には市販の制酸薬に分類される胃薬を飲んだり、痛みを医師にうったえて鎮痛剤を一緒に処方してもらって飲んだりすることが必要になります。そういった点を理解しておかなければネキシウムを飲んでも薬が効いてこないと誤解してしまうリスクがあります。薬の作用については正しい理解が必要であり、疑問がある場合には医師や薬剤師に問い合わせるということも忘れないことが大切です。

ネキシウムを服用するだけでは無く生活も見直す

ネキシウムは2011年に日本国内で発売開始された胃薬の一種です。胃にある胃酸分泌のためのシステム(プロトンポンプ)を阻害し、胃酸を減らすことで、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ菌による胃炎に効果があるとされています。他にもプロトンポンプ阻害剤はすでに発売されていましたが(オメプラール、オメプラゾン、タケプロン、パリエットなど)、ネキシウムは人による効きにくい・効きやすいのムラをなくし、誰にでも効果が出やすい薬であるという特徴があります。ネキシウムが効く病気の症状として、胸焼け、口の中の酸っぱい感じ、胃酸がこみ上げる感じ、胃もたれ、喉の奥のイガイガする違和感、空腹時の胃痛などがあります。これらの症状があるときは、内科や消化器内科、胃腸科を受診し、診察を受けることが必要です。ネキシウムは処方薬(病院で医師の処方箋を受けないと購入できない薬)で、ドラッグストアなどでは買うことができません。症状によっては、診断のために胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けることも必要になってきます。胃の働きは自律神経が調節しています。この自律神経は、ストレスや生活習慣に大いに影響を受けます。ストレスを適度に発散し、自分に合ったリラックス法を見つけることが重要です。また、暴飲暴食、飲酒喫煙、熱いものや塩辛いもの・唐辛子などの刺激物を食べすぎることは胃に直接ダメージを与えます。食事の直後に横になって休むと、食物の混じった胃酸が食道に逆流しやすくなります。胃は自分を胃酸から守るシステムを持っていますが、食道にはそれがないので、まともに酸の影響を受けてしまいます。これが胃食道逆流症(GERD)です。ですから、食後最低30分、できたら2時間程度は真横にならないほうがよいです。どうしても横になりたいときは、胃の出口である右側を下にして休むとよいでしょう。